【介護職キャリアパス】介護職に転職するなら資格はかなり重要となる

今の職場に不満があっても、転職をするのはかなりの勇気が必要ですね。転職は、メリットもありますがデメリットもあります。何がメリットで何がデメリットなのかをしっかりと把握した上で転職を考えることが肝要です。

目次

初めての介護業界への転職!望まれる資格とは「3分類の介護形態」

3分類の介護形態

超高齢化社会において、介護業界はこの先不足し続けると言われている業界です。 応募者のハードルを下げるためか、求人雑誌や広告では未経験者歓迎を前面に押し出している募集が数多くあります。

未経験で初めての介護転職!離職率から見る介護業界の傾向

平成28年度の介護労働実態調査によれば、介護職の離職率は16.7パーセント、およそ5人に1人が職場を離れている事が発表されています。
しかしこの離職率は、実は他業種と比べてそこまで高すぎる割合ではありません。

平成19年度の介護業界離職率は21.6パーセント、ここから近年にかけて年々右肩下がりに低下しているにも関わらず、介護業界では人手不足を感じる事業所が右肩上がりに推移しています。
つまり離職率が下がっても、増加する老人ホーム入居者や要訪問介護者数に対して人員の増加ペースが見合っておらず、雇用の需要が高まり続けている傾向が表れています。

こうした背景もあり、初めての転職先として介護業界は未だ引く手あまた、と言っても過言ではありません。
しかし反面、そうした印象から安易に転職した結果、仕事のきつさから離職してしまう事態も起こっています。
ここでは、全くの未経験で初めて介護職に挑む前に、あらかじめ知っておくことで離職する5人の1人とならない、基本的な知識や心構えをご紹介します。

「3分類の介護形態」働きたい看護形態には資格が必要な事も

まず前提として、介護の仕事は高齢者や障がい者といった、自立した生活が難しい方を支援する業務です。
その中でも大きく分類して3つの介護形態が存在します。

1つ目は施設介護です

これは老人ホームやケアハウスといった、自宅から介護施設へ入居した方を、その施設内で24時間介護します。

2つ目は通所介護です

こちらは日中や指定曜日に施設に訪問する、普段は自宅に住んでいる高齢者を介護します。
デイサービスセンターなどがこの形態です。

3つ目は訪問介護、ホームヘルパーです

介護職員が高齢者の自宅を訪れ、自宅内で介護を行います。他の職員とも連携する施設介護、通所介護と異なり、訪問介護は基本的に1人での介護を行う事が多く、初任者研修といった介護の資格を取らなければなりません。
介護業界に初めて就職・転職する場合、多くは施設介護か通所介護となるでしょう。
その実務で得た知識や経験、勉強を重ねた資格を得る事でホームヘルパーの他にも、国家資格である介護福祉士・社会福祉士といった、資格によった様々な介護職の選択肢が現れる事になります。

【転職スキルアップ】介護士が転職することメリット・デメリット

「介護における基礎知識」求められること、やっていいこと、いけないこと

どの業種でもある程度求められるコミュニケーション能力ですが、介護職では同じスタッフの他にも高齢者の方への立ち入ったコミュニケーション力を少なからず求められます。
この人は身体はこういう状態で、こういう事が好きで、こういう事を好まないから注意するなど、把握することが介護を行う上で重要な要素となってくる為です。

また、介護は介護保険制度に基づき、細かにやっていいこと、いけないことが定められています。
例えば、爪切り、入浴中の散髪といった介護行為はOKでも、散髪を有料で行うのはNG、巻き爪を切るのも医療行為に触れる為NGです。

コミュニケーションは取りつつも、食事をごちそうになる、財産管理を任されるような踏み込み過ぎた関係性にならないよう介護する側が内心で距離感にストップをかけ、やんわりと固辞していきましょう。
あくまでサービス提供者と被サービス者である関係性を忘れない心構えが、お互いの関係性を守るために必要となります。

「初めての介護業界」踏まえておきたい研修と資格の重要さ

転職する側の知識・心構えとは別にもう一つ、未経験者が初めての業界で働く際に重要な点があります。
それは、入った後、きちんとした研修を行ってくれる事業所であるかどうかです。

一般的に研修には面倒なイメージがありますが、未経験歓迎の募集で研修なしが併記されている場合、すぐに実際の現場に立たされて、即戦力として働きつつ現場に慣れるように求められるケースがあります。
この場合、研修で正しい知識を得るよりも早く実戦的な知識を得ていく反面、同僚・先輩が業務の片手間に教える為に必要最低限度の知識となってしまいます。

また、忙しさでそれすら全て伝わらず、判らないことが判らない歯抜けの知識を自分も後輩に伝えていく悪循環となりがちです。
先述した資格を得て通所介護を目指すなど、介護職の選択肢を広げる上でも不向きな環境です。
それでも経験や失敗する事で知識は蓄積されていきますが、人の命を預かる上で起きてはならない失敗は存在します。

離職率もまた、きちんとした研修を行う職場の方が低い傾向もあります。
リスクに繋がる研修のない求人募集は避け、面接時にも就職後はどういった研修を行うのか、資格を得られる環境であるのか、詳しく確認することが大切です。

介護業界転職で好待遇で迎え入れられたいなら少なからず資格は必要になる

好待遇

介護の資格には様々な種類がありますが、キャリアパス順に大きく分類すると介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士となります。

介護職キャリアパスの第一歩、介護職員初任者研修

中でも介護職員初任者研修は最初にとるべき資格です。在宅・施設で働く上で必要な知識・技術を修めた事で与えられるこの資格を得る事で、業務的には食事や入浴、排泄の支援といった介護者の身体に触れる身体介護、外出の支援、介護者宅への訪問介護が可能になります。

仕事の幅が広がる事で給与や資格手当がつく場合もある他に、転職先も無資格時よりも好待遇な社会福祉法人、医療法人が運営する事業所が候補に含められるようになります。
以前は等級の分かれたホームヘルパー資格や介護職員基礎研修がありましたが、制度が変わり、この介護職員初任者研修が最も新人向けの、基本的な介護資格となりました。

資格を得る事での変化その1「初任者研修から実務者研修」

まず初任者研修を取得する事で、介護職員として働く上で必要な基本的な知識と技術を習得、指示を受けて業務が実践できる、という証明となります。
次の介護福祉士実務者研修は、初任者研修の上位にあたり、より幅広い介護ができる技術を習得していること、指示を受けるだけでなく新たな課題や技術の習得を自ら実践していく能力がある証明となる資格です。

初任者研修の受講項目は9科目130時間に対し、実務者研修は20科目450時間です。初任者研修には受講カリキュラムの終了後、1時間の筆記試験が課せられていますが、実務者研修には修了試験の実施事務はありません。
どちらも国家資格ではありませんが、平成27年から実務者研修は、国家資格である介護福祉士を目指す上では修了必須の資格となりました。

資格を得る事での変化その2「介護福祉士」

介護福祉士の取得には、実務者研修資格を持っている他にも、介護業務に3年以上関わる実務経験が必要です。
条件を満たした上で国家試験を受験し、合格することで介護福祉士となります。
国家資格なので社会的な信頼性は実務者研修よりも高く、転職時にも有効な資格であると同時に、好待遇での就職に欠かせない資格でもあります。

ある有料老人ホームでの給与比較では、正社員では初任者研修が月給200,000円に対して介護福祉士は月給240,000円、パート・アルバイトでは初任者研修が時給1,100円に対して介護福祉士は時給1,300と、どちらも明確に金額差が生じています。
介護職に長く勤めている、転職を検討する時期にいると考えた時、取得を検討するべき資格と言えます。

資格を得る事での変化その3「認定介護福祉士」

この認定介護福祉士とは、介護福祉士の上位資格ではありますが、国家資格ではありません。
決して簡単に取れる資格ではなく、介護福祉士資格取得から5年以上の実務経験、さらに日本介護福祉会による資格取得の主条件によれば、実務経験7~8年以上、介護現場でのチームリーダー実務経験、居宅・居住系サービス双方での支援経験を満たした上で、認定介護福祉士養成研修による600時間の講義受講が求められます。

これら全ての受講にはおよそ1年半程度かかるとされ、受講する団体によっては日程の差異があるのであらかじめ確認しておきましょう。

キャリアパスとしては最上位に位置しており、介護福祉士がチームリーダーであれば、認定介護福祉士はそれを統括するキーパーソンとなる立ち位置、チーム連携やケアを行う能力や知識がある事が求められます。
これは実際にそうした役職につかなければ必ずしも好待遇が得られる資格ではありません。
しかし転職においては介護福祉士よりも有利に働き、600時間の受講を経た高い能力がある証明になるという大きなメリットがある他、今後の需要が増していく資格であると期待されています。

資格を得る事での変化その4「転職に役立つ、好待遇が望める資格とは」

ここまで、キャリアパスを積む上での流れを説明しましたが、介護資格はこの一本道だけではありません。
管理者となる為のケアマネージャー資格や、介護専門の事務職のノウハウが得られる介護事務資格もあります。

現場の業務における資格は更に細かく分かれており、高齢者に笑顔と生きがいを与える能力育成を目的としたレクリエーション介護士、視覚障害や知的障害のある要介護者の外出をサポートする移動介護従業者・ガイドヘルパーといった10以上の資格が存在します。

専門性の高い知識や技術の習得は、介護業界への就職や転職するにあたり歓迎され、好待遇が期待できます。
また、介護福祉の国家資格ではありませんが、介護現場で活躍できる他分野の国家資格も存在します。
介護施設の生活相談員となる社会福祉士・精神保健福祉士資格や、看護職員となる看護師資格、施設で食事を作る調理職員の栄養士・調理師資格がそれにあたります。
他業種からの転職の場合、こうした国家資格もまた活躍できる場を得られる要素となるでしょう。

介護職へ転職するなら賃金面は断然有資格者が優遇される

介護福祉士が転職するなら施設?病院?気になる4つの違いを紹介

4つの違い

介護施設で働いていると給与面、職場の雰囲気、利用者さんとの接し方など、さまざまなことがきっかけで転職を考えることもあるでしょう。
介護福祉士の転職先といったら当たり前のように介護施設を考えますが、病院でも介護職の求人を出しているケースもあるのです。

今回は、「業務内容」「給与」「福利厚生」「将来性」の4つのポイントに絞って、施設と病院での介護職の違いについて紹介していきます。

介護福祉士として日々頑張っているあなたの転職先選びの参考になれば幸いです。

介護施設と病院の業務内容の違い

一般的な介護施設で働く方にとって、病院での業務内容は特に気になるでしょう。
病院での業務と聞くと医療行為を想像しがちですが、当然医師や看護師の資格を持っていない以上、病院に勤務しているとはいえ医療行為を行うことはできません。

そのため、病院での業務内容も基本的には施設と同じように、入院している患者さんの食事、入浴、排泄といった介護業務となります。
ただし、介護施設での仕事と違い、介護福祉士が主体的にというよりは、医師や看護師の指示に従って介護業務をするというイメージのほうが強いですね。

また、病院に入院している患者さんは施設に入居している利用者さんとは違い、近い内に治療が終わり退院していくことがほとんどです。そのため、介護施設でよく行われるレクリエーションやイベントなどのサービスはありません。

介護施設と病院の給与の違い

今働いている施設からの転職を考えている場合、給与面に不満を抱えている場合も多いでしょう。

介護施設の多くは社会福祉法人や民間会社が運営しているのに対して、病院の場合は医療法人が運営しています。
そのため、一般的には施設よりも病院で勤務する介護福祉士のほうが給与が高いと言われています。

ただし、これは病院のほうが極端に給与が高いという意味ではなく、夜勤手当などの関係で病院のほうが高くなりやすいという意味です。

夜勤専従など働き方次第では、施設のほうが多く給与を貰える場合も珍しくありません。
給与に関しては「施設と病院のどちらが高いか?」ではなく、「施設と病院関係なく、どこの職場の給与が高いか?」という視点で考えたほうがよいでしょう。

介護施設と病院の福利厚生の違い

介護職は給与が安い傾向にある分、転職の際に福利厚生を重視するという方も多いでしょう。
福利厚生の充実度合いは、その施設を運営する母体の大きさによって変わることが多いです。

介護施設といってもさまざまな種類があり、中には大きな母体が運営する施設もありますが、全体としては施設で働く場合の福利厚生はあまり充実していないと言えるかもしれませんね。

病院の場合は母体が大きい場合が多いですが、施設で働く場合よりも福利厚生が充実しているケースが多いです。給与面の違いだけでなく福利厚生の充実度の違いも合わせて考えると、病院で勤務したほうが生活の金銭面の負担は少なくなるかもしれません。

介護施設と病院の将来性の違い

人によって自分の将来の仕事に対する考え方は違います。
「ずっと今と同じように現場で介護職を続けたい。」「施設で働きつつも、現場で役立つスキルをどんどん身につけたい。」「資格を取得してケアマネジャーなどどんどん立場をランクアップさせていきたい。」など…。

介護施設と病院では、介護職としての将来性に大きな違いが出てきます。
介護施設で働く場合は、資格を取得することでケアマネジャーになったり、経験年数が伸びたり実力を認めてもらうことで施設長になれるケースもあります。
施設によっても変わってきますが、出世をしていけば当然給与面にも変化があらわれるでしょう。

しかし、病院の場合は同じ院内に介護職から発展できるような他の仕事があまりありません。
そのため、出世することなくずっと同じ立場で仕事を続けることになるでしょう。

あなたが「病院で介護をしながら、医療関係の知識を身につけて、いずれは介護施設に戻って働こう。」というような意識なら良いかもしれませんが、病院に勤務し続け収入面や立場をアップさせていきたいと思っているなら、考え直したほうがよいでしょう。

介護施設と病院のメリット・デメリット

転職先として介護施設と病院を選んだ場合の4つの違いを紹介してきました。
それぞれの違いから読みとれるメリット・デメリットをまとめておきましょう。

介護施設

メリット
・利用者さんの状態に合った介護を日々考えられるため、やりがいがある
・働き方次第では、病院で働くよりも高い給与を得られる可能性がある
・取り組み方次第で、ケアマネジャーや施設長などスキルアップがしやす

デメリット
・利用者さんに急変などがあった場合、介護職員が対応せざるを得ない場合もある
・利用者さんの介護以外にも、レクリエーションなどを考える必要がある
・福利厚生の面では、病院に劣ってしまうことが多い

病院

メリット
・患者さんに急変などがあっても、すぐに看護師に対応してもらえる
・レクリエーションなどの準備に悩まされることがない
・基本的には、介護施設よりも高い給与をもらいやすい
・福利厚生が介護施設よりも充実していることが多い
・看護師と一緒に介護をしながら、医療行為についての知識を深められる

デメリット
・あくまで治療のための介護となり、業務を坦々とこなすだけの毎日になりやすい
・患者さんとコミュニケーションをあまり取れない
・病院で働き続ける限りは、出世などの将来性は期待できない
・看護師との間で、立場の違いによる衝突も起こりやすい

介護施設と病院、どちらも介護福祉士として利用者さん、患者さんの介護業務にあたるわけですが、施設の目的や立場の違いから仕事に対する心持ちなどはガラッと変わるかもしれません。

また、給与や福利厚生、将来性などにも大きく違いがあるため、自分がどんな介護福祉士として仕事をしていきたいのか、将来どんなふうになっていきたいのか、という部分を一度整理してからどちらに転職するのか決めたほうがよいでしょう。

最後に希望した仕事に就いたのに色々と悩みが出てくるかもしれません。

やりがいを感じて介護職についたはずが、仕事をこなしていくうちに理想と現実のギャップに悩む可能性もある

想と現実のギャップ

その職業に対して志(理想)が高ければ高い程理想と現実のギャップに悩むことがあると思います。
しかしこれはある種至極当然のことでです。

キツイ言い方ですが、理想だけでは仕事は回って行かないのが現実です。

介護職の離職率に警鐘を鳴らす!なぜ万年人手不足は解消されない?

理想と現実のギャップ

「ありがとう」という一言をかけられることは、誰でも嬉しいものです。
「自分ができる手助けをしたい」という思いから、介護職を志す人も多いことでしょう。

年齢を重ねても充実した生活を送ることは、多くの人の願いです。しかしすべての人が、それを自分や家族の手助けだけでできる事ではないことも事実です。
この事実を踏まえて、「介護のサービスを利用する人に寄り添ったケアをしたい」という理想を描く人もいるでしょう。

しかし介護職の現実は、理想にはギャップがあるかもしれません。

様々な面で人の手助けが必要な利用者を、一人で複数人担当しなくてはいけないかもしれません。
そうなると必然的に利用者を介護するのにかける時間を少なくし、時間内に決められたルーティーンをこなさなくてはいけません。

「介護サービスを利用する方に寄り添う介護」とは程遠く、効率よくいかにして早く仕事をこなすかが優先されてしまいます。
人を相手にしている仕事のはずなのに、淡々と作業をこなすかのようにして介護が行われていくことに違和感をおぼえるかもしれません。

このようにして理想と現実のギャップが広がり、「このままこの仕事を続けていていいのだろうか」と、ギャップに悩むことに繋がります。

現場での仕事の実状

実際介護度が上がっていくにつれて、介護サービスを利用する方一人に対して行うケアが肉体的に負担の増えるものになります。
利用者の体重を支えながら、ベッドから起こしたり横になさせたりする動作をし続けることで、腰や体の他の部分を痛める方も多いようです。また入居型の介護施設であれば夜勤や日勤のサイクルになれず、体調を崩すこともあります。

それ以外にも介護職の現場では、利用者に関するストレスより事業所などでの職場での人間関係に悩むかもしれません。
同僚が利用者にする態度やケアを見て、自分がしたいと思う介護とは違うとがっかりすることもあるでしょう。
また勤務時間帯が違う職員同士の連携や専門職同士のコミュニケーションがうまくいかないゆえに、利用者に対するケアが行き届いていないと感じ悩むことでしょう。

さらにはそれに追い打ちをかけるかのように、職員に対するマネージメントが行き届いていない職場があります。
サービス残業や休日出勤を要求されることが当たり前になること、必要人数より少ない人数で利用者に対応することなどです。
こうした環境で介護を続けることで、介護職についている職員が疲弊し、小さなミスやトラブルが起こることも否定できません。

嫌気がさして転職を決めたけど、最終的にはやっぱり介護職に戻る?

仕事を続けるべきか?転職か?

介護職につくと決めた時点で、この職業ならではの問題はある程度予想できるでしょう。

例えば、先程もあげた夜勤勤務もあり得ること・肉体面での負担などは「想定している範囲内の問題」かもしれません。
しかし同じ介護職の上司や同僚さらに経営に関わっている人と、自分が思い描いている介護がかけ離れていると感じた時、介護職を続けていくべきかどうか葛藤するでしょう。

介護職を続けるべきなのか?転職するべきか?悩んだ時に大切なことは、職場の人間関係で悩んでいるのか・介護自体に悩んでいるのか、悩みの「原因」を明確にすることです。
自分が介護職という仕事自体には充実感や達成感を感じていても、それを上回るストレスの原因は運営や経営方針でしょうか?

または同僚や上司の介護に対する姿勢でしょうか?もしそうであれば介護職自体を辞めるのではなく、自分の介護理念や理想とマッチする職場をじっくり探せます。
介護職に就きたいと思う方のためのサイトなどもありますし、実際に他の施設を見学することなどもできます。
または今の職場のままで、現場を改善するために何ができるのかを観察し、自分も現場の当事者として「理想の介護」を追求していくこともできます。

職場を変えることも、今の職場を改善することもどちらもエネルギーが必要です。

しかし全ては「介護」という仕事にやりがいと目的を見出しているからこそ、行える努力とステップです。
もし利用者を相手にすることが難しいと感じたり、仕事としても排泄のお世話などをすることに思っていた以上に抵抗があったなど「介護の仕事自体」に悩みがあるなら、違う業種に転職をすることもできます。

しかし介護職で身につけたスキルや対応能力は、その後のキャリアの良いステップになるでしょう。

転職だ!後悔しないための介護職転職サイト・エージェントおすすめ6選

あとがき

自分が誰かをサポートできるなら、喜んでその仕事をしたいと思えることは本当に素晴らしいことです。
しかし介護の仕事を行っていく上で、理想と現実のギャップに驚き戸惑うことがあります。

利用者を第一に考えながらも、効率よくなおかつ丁寧な介護を目指すことは容易ではありません。
チームとして互いに協力できる職場でなければ、なおさら難しいでしょう。「自分はどんな介護を目指しているのか」を考えつつ、同僚や上司と理想を共有・追求ができる環境こそ介護職の原点なのかもしれません。