転職だ!後悔しないための介護職転職サイト・エージェントおすすめ6選

元介護士の「jinko」です。

現在は介護職は止めてしまいましが、現役の時は数度転職を経験していますので、当時の経験も踏まえて今回は介護士さんの転職のお話です。

では唐突ですが始めます。

介護士が転職したい時に、求人情報は簡単に手に入ります。求人誌では介護士の求人の特集が組まれるくらい、介護士の仕事は需要があり、求人も多いです。

転職するんだったら、働きたい条件に合った転職先で、ホワイトな職場を選びたいですよね。介護の仕事は職場や仕事内容によってハードさにかなり幅があります。

手軽に手に入る情報だけで転職先を決めてしまうのはもったいないです。
今回は後悔しないための求人の探し方、転職エージェントを上手に使いこなす方法をご紹介します。

目次

介護士が転職するとき求人情報はどこで探せばいい?

介護士の求人情報ってすごく手に入りやすいです。
たくさんあり過ぎて、どの求人がいい求人なのか悩んでしまうくらいです。
事業所によってどこで求人するか違いがあるので、情報がありすぎて、逆に自分に合った求人を見つけることが難しいです。

ハローワーク

ハローワークで求人をする場合、事業所はお金を払わなくてもいいため、多くの事業所がハローワークに求人を出しています。

ハローワークの求人を何度も見ていると、いつも同じ事業所が求人を出していることがあります。
無料で求人が出せるため、急募でなくても人員確保のため頻繁にハローワークで求人をしていることもあります。

今ではネットからでもハローワークの求人を検索することもできますが、載っている求人に応募する場合は、ハローワークへ行き紹介状をもらって行く必要があります。

ハローワークのいいところは、細かな情報も載っていること、ハローワークの求人情報にウソがあれば、ハローワークに相談することができると言う利点があります。

フリーペーパーの求人誌

街でよく見かけるフリーの求人誌にも介護の求人は多く載っています。介護の求人で特集を組んでいることもありますよね。

街で手軽に手に入り、気軽に仕事を探すことができるのでとても便利です。

ただ、フリーの求人誌に求人を出すには広告料がかかります。
求人に応募があっても無くても広告料はかかるため、頻繁に求人を出すことが難しいです。

なので、普段は新しい職員を応募していても、求人誌には出さないこともあるのでフリーペーパーだけで転職先を決めてしまうのはもったいないです。

介護専門ではない求人サイト

幅広い職種を扱う求人サイトにも、介護の求人は多く掲載されています。
たくさんの求人は載っているものの、条件の指定が介護に特化していないため、使いにくいことがあります。

「介護士 正社員」「介護士 グループホーム」などキーワードを入れて検索しても、たくさんのヒットがあり、自分の条件に合っていない求人も多くみないといけなくなります。

介護専門の転職求人サイト

介護士に特化した求人サイトもあります。
「介護士にとかしていたら、求人数が少ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうでもないですよ。

求人数は多いですし、質の高い求人を多く扱っている転職求人サイトもあります。
介護士専門のサイトのいいところは、「検索しやすい」ことと「介護士が欲しい情報が載っている」ことです。

まず、検索しやすいと言うのは、「特養」「老健」など探している職種の求人を簡単に見つけることができることです。

一概に求人サイトと言っても、みな同じではなく各サイトことに特徴があります。
利用する際はサイトの特徴をよく見極めてから転職先を探してみて下さい。

jinko

登録は無料なので複数サイト登録でも全く問題ないわよ。むしろ複数サイト登録をおススメします。

おすすめ求人サイトその1【ケアジョブ】

介護専門の求人サイトでおすすめなのは「ケアジョブ 」です。

・大都市も地方も十分な求人数
・簡単に探したい条件の求人を検索できる
・各求人の給料体制や勤務時間など情報量が多い
・サイトでも求人情報が見れるけど、コンサルタントに相談することもできる
・入社後のアフターフォローもしてくれるので安心

まずはサイト内で検索してみるのもいいですが、無料の会員登録をすれば【非公開情報】も見ることができるようになります。

おすすめ求人サイトその2【かいご畑】

【職種】【サービス種別】【雇用形態】などいろいろなチェック項目があり、そこをチェックしていくと希望に合った求人を一覧することができます。

かいご畑 】は「かいごのお仕事コラム」が併設されており「資格取得」や「お金の話」、「仕事の悩み」など介護士さん特有の記事が書かれているので色々と参考になることがありますので一読しておいても損はありません。

病院と介護施設の違いは?「治療」と「介護」で変わるお世話の内容

転職エージェントの上手な選び方

転職エージェントってもしかしたら聞きなれない言葉に感じる人もおられるかもしれません。

転職エージェントとは、コンサルタントに相談することができ、自分の働きたい条件に合った職場を見つけてくれるサービスです。

転職エージェントのいいところは、募集内容の条件とあなたの働きたい条件に差がある場合、間に入って交渉してくれるところです。給料面の交渉もしてくれますよ。

転職エージェントは数多くあるので、良い転職エージェントを選ぶようにしましょう。

注意
転職エージェントは数が多いので、いいエージェントを選ぶ必要があります。

扱ってる求人数に注意

転職エージェントによって、扱っている求人数に差があります。
もっている求人数が少なかったらこちらの条件を伝えても、その条件に合った案件を持っていないこともあります。

持っていない場合、条件に合ってない求人を進められる可能性もあるので、気を付けましょう。

もし、無理に合わないところの面接を進めて来るようなら、転職エージェントを変えるか、担当を変えてもらう勇気も必要です。

信頼のある転職エージェントを選ぶ

転職エージェントは仲介業ですから、間に入って事業所側、求人者側の条件を上手にマッチングしていく必要があります。
その実績があってこそ信頼につながりますから、誠実にきちんと仕事をしてくれる転職エージェントを選ぶ必要があります。

見極める方法としては、求人数が多いこと、誠実なコンサルタントが担当してくれることなどです。
相談をしてみて、しっかりとあなたの条件を理解してくれるエージェントを使いましょう。

求人数が多い方がいい理由としては、事業所側からの信頼があるから多く取り扱っている可能性が高いからです。
無理なマッチングをしていると、事業所側に嫌がられて、次の紹介ができなくなるという場合もあります。

転職求人サイトと転職エージェントの使い分け

転職求人サイトと転職エージェント、それぞれに良さがあります。
どちらか1つに絞って求人を探すのではなく、両方を上手に使い分けることがおすすめします。

転職求人サイトの上手な使い方

転職求人サイトの利点は、人に相談することなく、求人の情報を調べることができるところです。
まだはっきり転職すると決めていなくても、どんな求人が出ているか気になることがありますよね。

そんなとき、転職求人サイトを使って、給料の相場や、働きたい種類の求人がどのくらいあるかなど、情報を集めることができます。

まず、1つ転職求人サイトを使ってみたいなら、先ほど紹介した【ケアジョブ 】をおすすめです。

ケアジョブの良い点
・求人数が多い
・簡単に職種別に検索できる

無料登録をすると非公求人も見れるようになるので、無料登録をして見れる求人を増やすことをおすすめします。

転職エージェントの上手な使い方

転職エージェントを上手に使いこなすには、まず良いと思う転職エージェントに連絡を入れてみることです。
実際にこちらの条件を伝えてみて、条件にあった求人を見つけてくれるかお試ししてみましょう。

もし、相談してみて強引に条件に合わない求人を進めて来るようなら、一度断り、他の転職エージェントに相談しましょう。

MEMO
転職エージェントを選ぶとき【信頼】が一番大切になります。当然ですが、信頼できると感じるエージェントを利用するといいです。

【特徴別】介護士におすすめ転職サイト・エージェントおすすめ求人サイト6選

転職サイト・エージェント

jinko

おすすめする厳選5サイトです。

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】

しろくま介護

「しろくま介護ナビ」は首都圏(東京と神奈川・千葉・埼玉)を対応地域とする介護士転職求人サイトです。
公開求人数は2019年6月現在で約3000件程度です。

「しろくま介護ナビ」はもともと「ハートフル介護士」という名前で運営していましたが、2019年4月に現在のサイト名に変更してリニューアルしています。

これはホワイトな介護施設のみを紹介するという同サイトの特徴を打ち出したものです。
ちなみに、運営会社である株式会社サクシードは他にも、職場の人間関係に重点を置く介護士専用の転職求人サイト「介護エイド 」を運営しています。

【しろくま介護ナビ】のメリット

「しろくま介護ナビ」を利用する最大のメリットは、やはりホワイトな企業への転職に有利という点でしょう。

その菜が示す通り、「しろくま介護ナビ」では介護施設の労働環境をチェックするために、雰囲気・設備・スタッフなど約30に及ぶ基準を設け。
その条件をクリアした介護施設のみ、求人紹介を行っています。

履歴書の添削や面接対策など、各種転職サポートを無料で受けることができるのも大きなメリットです。
給料や雇用条件にかんする交渉も、コーディネーターに代行してもらうことが可能です。
求職者1人につき1人のコーディネーターが専属で担当するので、スムーズな仕事紹介を受けることができます。

雇用形態も、直接雇用先に社員として契約を行う他、サクシードからの派遣・試用期間後の直接雇用契約と、求職者の都合で3つの形態から選ぶことができます。

デメリット

メリットの多い「しろくま介護ナビ」ですが、対応地域が東京を中心とした首都圏のみであることが大きなデメリットとなっています。

ホワイトな介護施設を厳選して紹介する反面、求人紹介数は非公開のものを除いて約3000件と、大手の1/10程度の少なさであることも厳しいところです。
また、どこの転職サイトでも同様のことが言えますが、専任コンサルタントの質にバラツキがあることも指摘されています。

またゴーディネーターと合わず、希望するような条件の求人を紹介してもらえなかった、という口コミも一部では見受けられました。

総合的な評価

ブラック企業を排除した紹介を行ってくれることに対する安心感を評価する声が多いようです。
勤務時間を長く取ることができないけど、アドバイザーが親身になって、良い条件の施設を紹介してくれたという声も多数ありました。

介護職の転職支援サービス【介護エイド】

介護エイド

介護士専門の転職求人サイト「介護エイド」は『職場の人間関係に重点を置く』ことが最大の特徴となっています。

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポートしろくま介護ナビ も同じ運営会社です。

【介護エイド】のメリット

介護施設の離職率は高いですが、その最も多い原因が職場における人間関係の問題だと言われています。
実際、多くの介護施設の現場で、パワハラやセクハラが問題化しているという現状は否めません。

介護職の転職支援サイトを複数運営する株式会社サクシードはこの問題に目を付け、職場の人間関係を重視した転職支援サイトを開設しました。

それが「介護エイド」です。

それぞれの介護施設における職場の人間関係・雰囲気・仕事内容といった事柄について詳細な調査を行い、コンサルタントが情報を把握することで求職者に合う雰囲気・環境の整った職場を紹介することが可能です。

特に口コミで評価が高いのが、職場の雰囲気・仕事内容をしっかりと知ることができる職場見学のシステムがあることです。
職場見学OKと明示していない求人の場合でも見学が可能なので、十分職場のことを把握した上で職に就くことができます。

コンサルタントが営業を兼任することで、それぞれの企業の情報・事情に精通しており、質の高いコンサルティングを受けることができるのも大きなメリットです。

コンサルタントが求人している企業と求職者双方の要望を把握することで、ミスマッチのない求人紹介が可能となり、転職成功率が高いことも、口コミで評判になっています。

来社しての面談が不要、LINEを利用してコーディネーターに相談できるなど、忙しい求職者に利用しやすいのもメリットです。

デメリット

多くのメリットがあり、評判の良い「介護エイド」ですが、デメリットもあります。

最大のデメリットは対応地域が主に東京都と神奈川県・千葉県・埼玉県、1都3県に限定されているという点でしょう。
地方への転職を希望する場合は使いにくいのが実状です。上記以外の地域に転職希望の場合は全国対応の転職支援サイトに登録した方が良いでしょう。

また、ケアマネージャーを対象とした求人の取扱がないこともデメリットと言えます。
近年介護業界全体でケアマネージャーの需要が減少傾向にあり、転職に不利な状況となっています。

現場職の求人が多い「介護エイド」ですが、反面、管理職・ハイクラスの求人が少ないというデメリット見受けられます。

総合的な評価

管理職でキャリアップのための転職を希望する場合は、他の管理職求人を多く取り扱う転職支援サイトの併用を検討すると良いでしょう。現場レベルの転職を希望する場合も、他の転職支援サイトの併用が基本です。

介護業界に特化した転職支援サービス【きらケア介護求人】

きらケア介護求人

介護士専門の転職求人サイト「きらケア介護求人」の運営会社であるレバレジーズメディカルケア株式会社は、もともと「きらケア派遣」という介護職の派遣サイトの運営を行っている他、看護師専門の転職支援サイト「介護のお仕事」なども運営していることから、医療関係・介護施設との独自のつながりを持つことが強みです。

「きらケア介護求人」は正社員の求人に特化しています。

MEMO
派遣の仕事を探すなら同じ運営会社の【きらケア 派遣】が断然おすすめです。

【きらケア介護求人】のメリット

全国の求人紹介を行っていますが、アドバイザーのサポートがつく対応エリアは東京を中心とした首都圏(神奈川・埼玉・千葉)と愛知、大阪、福岡となっています。
求人件数が約36000件とかなり豊富なので、対応エリア内で介護職を探す人には大きなメリットがあります。

介護職に限らず生活相談員・ケアマネージャー等の職種の求人にも対応、無資格・無経験者向けの求人も扱っているので、広く介護職全般への転職を考える人にとってメリットが大きいと言えるでしょう。
キャリアアップを考えた転職にも向いています。専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることが可能です。

ネットでの口コミ評判を見ると、やはり求人数の多さが高く評価されています。
複数の会社を比較検討することができて、より好条件の会社を選ぶことができた、転職コンサルタントの質が大手の介護転職サイトと同等なので、転職活動がしやすかった、などの評価があります。

デメリット

求人件数が多く、また数多くの転職支援サイトを運営する会社なので転職支援のノウハウもあり、安心してサービスを利用できる「きらケア介護求人」ですが、一方でアドバイザーが対応しているエリアは首都圏と愛知・大阪・福岡といった一部地域に限られているため、地方への転職には不向きと言えるでしょう。

評判の良い「きらケア介護求人」ですが、サービス提供責任者として転職希望したものの、実際に紹介された施設に入社してみると現場サービスの仕事が多く、書類仕事などを自宅に持ち帰らないと処理できないなど、当初説明のあった仕事内容と乖離して苦労した、といった批判的な口コミもありました。

また質が高いと評価のあるアドバイザーですが、一方でアドバイザーは施設の情報には詳しいけど、介護業界については熟知していないようだとする意見もあるようでした。

jinko

アドバイザーも言い方は悪いですが当たり外れは必ずあります。自分に合わないなと感じたら躊躇しないでアドバイザーを変えてもらうということも大切かも知れませんね。

総合的な評価

「きらケア介護求人」はキャリアアップを前提に正社員として首都圏や大阪、福岡などに転職を考えている人に向いている転職求人サイトになります。

派遣での業務を希望する場合は、同じ運営会社の【きらケア 派遣】を利用すると良いでしょう。

介護士専門転職求人サイト【ジョブメドレー】

ジョブメドレー

「ジョブメドレー」は医療介護に特化した介護士の転職求人サイトです。
運営会社であるメドレーは2009年6月に設立。介護施設・老人ホームの検索サイト「介護のほんね」や医師による医療辞典サイト「MEDLEY」の運営も行っています。

医科・歯科から介護・保育など広範囲にわたって、医師・看護師・介護士の他、管理栄養士・児童指導員など、多様な職種の求人情報も取り扱っています。

2018年12月の時点で、取り扱っている求人件数は24万件以上と、転職求人サイトとしては業界最大規模をほこります。

【ジョブメドレー】のメリット

大手の求人サイトの場合、多くの業種の求人が掲載されているせいで、希望する条件の求人が見つけにくいという難点がありますが、「ジョブメドレー」は医療と介護に特化されており、なおかつ幅広い職種を取り扱っているので、利用者の多様なニーズに対応が可能です。
また、一旦は退職し、復職を考えている求職者向けに時短勤務の求人やキャリアアップ向けの求人など、労働条件の面でも幅広い求人から選択することが可能です。

介護職・保育士・歯科助手などの職種の業務経験があるスタッフが在籍しているので、業界の事情をしっかりと把握、求職者の相談にも緻密な対応をしてくれます。

取り扱っている職種は幅広いですが、口コミを見る限り特定の職種への偏り(あるいは特定の職種の求人が極端に少ない)などは見られず、医療・介護業界の幅広い求人案件が揃っています。

デメリット

ジョブメドレーの就職転職サポートは原則オンラインか、もしくは電話でのやりとりに限定されています。対面でのサポートは行っていないため、人によっては意思疎通が難しいと感じられる場合もあるでしょう。
その場合は対面での相談ができる転職サイトやエージェントを併用する方が良いでしょう。

業界最大規模の求人件数かあるので、求人先を探しやすいことが評判のサイトですが、一方で件数が多い分、質の低い求人先があることも、口コミで見ると分かります。

特に給与面でかなり安い求人先を紹介されるなど、不満が残る結果となったケースも結構な数の口コミで確認することができました。

総合的な評価

求人件数の多さ、対応のレベルに関する評判も高くサイト内容も充実しているという意見も多く、口コミから判断する限り、「ジョブメドレー」は転職求人サイトとして、全体を通して見ても良好なサイトと言えるでしょう。

ただし、複数の転職求人サイトを併用するのは基本的に必要なことですので、ジョブメドレー一本に頼らず、複数の転職求人サイトを使った方が良いでしょう。

介護職専門の転職サイト【ケアジョブ】

ケアジョブ

株式会社メディカルジョブセンターが運営する「ケアジョブ」は、東京都と北海道、兵庫・広島・岡山・福岡の4県、1都1道4県を対応地域とする介護士転職求人サイトです。

公開求人数は2019年6月現在で63804件と地域最大クラスとなっています。

【ケアジョブ】のメリット

東京を始め、岡山・広島・福岡という3つの政令指定都市を対応地域に持ち、求人件数が多いばかりでなく、非公開求人や急募案件など、高収入・好条件の案件が数多く揃っています。担当コンサルタントが介護施設の内部事情を含め、詳しく説明してくれるので安心して利用できます。

2009年に有料職業紹介事業の厚生労働大臣許可を取得しています。

専任のコンサルタントによる丁寧なヒアリングで、利用者のニーズにマッチする求人を紹介。
転職相談・求人の紹介から面接対策、転職後のアフターフォローに至るまで無料で転職サポートをしてくれます。

「コンサルタントの対応が親切丁寧だった」「資格を生かして給料アップ可能な職場を探してもらえた」「介護職の経験が浅くわからないことが多かったが、根気よく相談に付き合ってもらえた」などの好意的な口コミを数多く見ることができます。

一部にはケアジョブに登録するとしつこい電話連絡や強引な求人紹介があるという悪い口コミがあるようですが、実際そのような口コミは極々僅かなので、求職者のペースに合わせた求人紹介、面接日程の設定を自分のペースでゆっくり検討しながら求職活動することができます。

デメリット

現時点では対応していない府県も多く、利用できる地域が偏っていることがネックです。
また、派遣の求人数が全体の1/4程度と少なく、派遣の求人には不向きな点もデメリットと言えるでしょう。

対応しているエリアであっても、例えば北海道の場合、札幌などの主要都市以外の求人が少なく、利用しにくいといった口コミもあります。

また専任コンサルタントの数が多い分、担当者によってその質にばらつきが見られることも確かです。別の担当者に変えてもらうことも可能なので、コンサルタントが自分に合わないと感じた場合は交代を申し出ると良いでしょう。

総合的な評価

全体的な評価としては「ケアジョブ」は総合的に言えば求人件数も多く、コンサルタントのサポートもしっかりしており、対応地域の偏り以外は大きなデメリットのない、評判の良い転職求人サイトであると言えるでしょう。

介護専門求人サイト【かいご畑】

かいご畑

介護士の転職求人サイト「かいご畑」は、株式会社ニッソーネットが運営している介護専門の求人ネットです。
対応地域は首都圏と関西、東海地方がメインとなっています。

求人件数は2019年6月時点で約7000件以上あります。

【かいご畑】のメリット

1つは、派遣スタッフとして就業する場合、段階に応じるかたちで資格取得のための特別講座を無料で受講できることです。
未経験・資格なしでも、コンサルタントが仕事と講座を用意してくれるため、働きながら資格取得を目指すことができます。

2つ目は商業前に施設が見学できるサービスがあることです。
介護業界では就業者と職場のマッチングが悪く、定着率に影響が出るという問題があります。

MEMO
実際にその施設のサービス形態によって雰囲気にも違いが出るため、情報だけではイメージが伝わりにくいのが実状です。
しかし「かいご畑」では就業前見学を行うことが可能なので、ネットなどの情報ではわかりにくい職場の実状を自分の目で確認することができるので、ミスマッチを防ぐことができるわけです。

3つ目は給与の週払いが可能であることです。通常、報酬は翌月払いが一般的ですが、「かいご畑」では週払いで受け取ることもできます。
必要なときだけ週払いを利用できるので、急な出費に対応しやすいのが魅力です。

デメリット

「かいご畑」は首都圏はじめ関西と東海の各エリアを対応範囲としていますが、多くの求人はそれぞれの都市部に集中しているため、それ以外の地域の求人は全般的に少なめになっているデメリットもあります。

都市部以外の地域で働きたい、あるいは都市部以外の地域に引っ越す場合に利用するには難があるかも知れません。

働きながら資格の取得やキャリアアップができるシステムがあるおかげで、口コミでも、他業種からの転職等で無資格だった人が働きながら取得できたことを高評価する口コミが数多くみられます。

しかし一方で、他の介護士転職求人サイトと比較して、求人登録件数が少なく、結局他の求人サイトで職を探すことになったという意見も見られます。
また、生活相談員の仕事を探していたにもかかわらず、排泄や入浴・食事、リハビリなどのサポート業務ばかりを紹介され、希望する職が見つけられなかったという批判も見られました。

総合的な評価

総合的には派遣形態で就職するのにメリットが多く評判も良いので、「かいご畑」で仕事を探す場合は派遣の形態で求職活動を行う方が良いでしょう。正規採用を希望の場合は他の求人サイトと併用を考えた方が良いケースも出るかも知れません。

かいご畑

介護職転職求人サイト・ エージェント の利点

多くの求人サイトを使う利点は何かといえば、容易さが挙げられます。
どんなときでもお金を支払うことなく非常に多くの求人を目にする事が可能となります。

転職を考えている人は役立てないのはもったいないです。
転職の情報を探す場合は多数の求人サイトに足を運んでみるとよいです。
その際、どのような転職(正規雇用なのか派遣なのか等)を希望するのかをはっきり決めておくことは大事です。

できればすぐに転職をしたい人はもちろん、この先転職を考えている人などは求人サイトを見るだけでも転職活動の勉強にもなります。
また収入や福利などの待遇面も比べることができるので求人サイトをうまく活用して見て下さい。

転職は人生の転機になる場合が往々にしてありますので、できる限り多くの求人サイトを閲覧してこれはと思うサイトに複数登録しておくことをおススメします。

jinko

ただ闇雲に手あたり次第登録すると管理が大変ですので、ある程度条件を絞ってこれはというサイトに登録してください。
【転職スキルアップ】介護士が転職することメリット・デメリット

まとめ

転職を何度も繰り返したくないと言う気持ちが本音ですよね。
いい職場なら、転職を繰り返す必要はありません。
せっかく転職するなら、いろいろなサービスを上手に使って、自分に合った職場に転職しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です