公的老人ホームと民間老人ホームの気になる5つの違いとは?

認知症の親の介護が始まるとさまざまな負担を感じ、親に老人ホームへ入居してほしいと考える子供は少なくありません。
調べてみると日本にはさまざまな種類の老人ホームがあり、公的老人ホームと民間老人ホームが混在しています。

今回は、施設への入居を検討している人の素朴な疑問である「公的老人ホーム」と「民間老人ホーム」の違いを紹介していきます。

老人ホームや介護施設をお探しならおススメの検索サイトはここ!

公的?民間?あの老人ホームはどっち?

多くの人は、介護が必要な人が入居できる施設をひとまとめにして「老人ホーム」と呼ぶ傾向にあります。
実際には数ある施設にはそれぞれ正式名称がついており、中には正式名称に「老人ホーム」という名前がついているもの、ついていないものも存在します。

今回は、介護が必要な人が入居できる施設をすべて「老人ホーム」と捉えて、公的老人ホームと民間老人ホームの違いを説明していきます。
まずは、世の中の老人ホームを公的老人ホームと民間老人ホームに分類しましょう。

公的老人ホーム

以下の施設が、公的老人ホームに分類できる施設となります。

・特別養護老人ホーム
・老人保健施設
・介護療養型医療施設
・ケアハウス
・ケアハウス(特定施設)

公的老人ホームの中では、「特養」と呼ばれることが多い特別養護老人ホームが最もメジャーな存在でしょう。

民間老人ホーム

以下の施設が、民間老人ホームに分類できる施設となります。

・住宅型有料老人ホーム
・介護付き有料老人ホーム(特定施設)
・サービス付き高齢者向け住宅
・介護型サ高住(特定施設)
・グループホーム
・小規模多機能型居宅介護施設

民間老人ホームの中では、施設が提供するひととおりの介護サービスを受けられる介護付き有料老人ホームや、施設へ入居し介護サービスは個人で契約する住宅型有料老人ホームがメジャーですね。

ちなみに、認知症の高齢者を積極的に受け入れているグループホームも民間老人ホームに分類されます。

老人ホーム別の運営主体の違い

たくさんの施設を公的老人ホームと民間老人ホームに分類しましたが、分類の最大の決め手となるのが運営主体の違いです。

特別養護老人ホームをはじめとした公的老人ホームに分類されている施設は、社会福祉法人や自治体などが施設を運営しています。
一方で介護付き有料老人ホームをはじめとした民間老人ホームに分類されている施設は、その名の通り民間企業が施設を運営しています。

施設を利用する側としては、サービス内容や費用の違いの部分ばかりを気にしてしまいがちですが、最も大きな違いが運営主体であり、運営主体が異なるからこそ後述するさまざまな違いが出てくるのです。

老人ホーム別の目的の違い

公的老人ホームも民間老人ホームも、利用する側からすれば「介護が必要な高齢者が住むための場所」という認識ですが、運営している側はそれぞれ異なった目的で施設を運営しています。

社会福祉法人などが運営する公的老人ホームは、「福祉」を大きな目的として掲げています。
「介護が必要で困っている人のために施設を運営しましょう」「より困っている人をできるだけ優先して、施設に入居してもらいましょう」というイメージですね。

民間企業が運営する民間老人ホームは、「営利」を大きな目的として掲げています。
もちろん、民間老人ホームも公的老人ホームのように介護を必要とする高齢者のために用意されていますが、さらに施設を運営する中で営利の部分も追求しているのです。

「営利を追求している」と聞くとネガティブな印象を持つ方も多いと思いますが、営利を追求しているからこそ同じ形態の施設でも特色が生まれ、利用する側の希望を叶えやすくもあるのです。

老人ホーム別の入居条件の違い

数多くある老人ホームは、それぞれ入居するための条件が定められています。

公的老人ホームの中でも有名な特別養護老人ホームは、基本的に要介護3以上の方しか入居できません。
同じように公的老人ホームに分類される施設は、条件が比較的高めに設定されていることが多いです。

民間老人ホームは施設によって入居条件がかなり異なり、自立している方が入れる施設から要介護3以上というように高めの条件が設定されている施設などさまざまです。

老人ホーム別の費用の違い

老人ホームへ入居する場合は、費用面の負担がどれくらいかかるか特に気になりますよね。

公的老人ホームは、前述したように福祉目的で施設を運営しており、国からの助成金などが支給されているケースも多いため費用が比較的安めに設定されています。
特に特別養護老人ホームは費用の安さが大きな魅力となり、多くの高齢者が施設に空きが出るのを待っている状態なのです。

民間老人ホームは、施設によって費用面の負担が大きく異なります。
費用を安めに設定することで利用者を増やそうとする施設もあれば、数千万円以上の費用を必要とする富裕層向けの施設も存在します。

老人ホーム別のサービス内容や設備の違い

実際に入居してから、どのような介護サービスを受けられるのか、どんな設備が整っているかも施設選びのポイントですよね。

公的老人ホームも民間老人ホームも、生活する上で必要な一通りの介護を受けられるような体制は整っています。
しかし、サービスや設備の充実度は民間老人ホームのほうが高めな場合が多いでしょう。

施設の種類や支払う必要によっても異なりますが、居室は個室となっており、施設内にフィットネスジムやカラオケルームが設置されている施設もあります。

まとめ

今回は、公的老人ホームと民間老人ホームの違いを紹介してきました。
今回紹介した違いはあくまでれぞれのホームの一般的な違いであり、施設ごとにさらに細かい違いがあります。

認知症の方に対応しているといわれているグループホームは民間老人ホームに分類されますが、実際には特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホームなど他の施設でも認知症の高齢者を受け入れています。

今回紹介した大まかな特徴を参考にしつつ、自分の親を入居させる施設を吟味しましょう。

施設選びで困ったら
【きらケア老人ホーム】なら無料登録するだけでプロのアドバイザーが相談にのってくれますので利用してみて下さい。